チラ裏にでも書いとけよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MMD小ネタとか基本とか超初級編

前に書いたステージとエフェクト超初級編ステージとエフェクト初級編の蛇足的なまとめです。
言葉自体わからんとかもそもそと見かけたので。エフェクト含め言葉の説明とか。よく見る物を中心にまとめられたらとか。
全部触れる程度。細かい事は触って覚えるかググって下さい。

MMMは全く触らないのでわかりません。そして触って覚えたタイプなので細かい表現が間違っているかも知れません、あしからず。


■なんかあった時にとりあえず頼るといい所。
VPVP wiki
正直私がこうやってまとめる必要なんてないんじゃないかってくらい様々な情報が纏まってます。
左メニューのMikuMikuDanceの項を読めば大抵の事はわかります。ほんっとうに細かく纏められてるので。FAQの項とかちゃんと読めばほとんど質問なんて出てこないレベルです。
質問先とかもまとめられてます。

・ニコニコ動画
「MMD 解説」とか「MMD 講座」で検索すると動画が出てきます。

・ググる
最後はこれに尽きます。講座サイトとか大体出てくる。
試しに「MMD 初心者講座」でググってみて下さい。動画やらサイトやらTogetterでのまとめやらいっぱい出てきます。


まぁでも折角まとめてるので、ちょっとはここでも解説しますw


■キーフレーム
a1.jpg

この◇が全部キーフレームです。(お借りしたのはTETA式幸村。モーションは自作)
オレンジになってるのは現在選択中の物です。上の画像だと左肩ボーンのキーフレームが選択されてます。

キーフレームは各ボーン・各モーフ・カメラ・照明・セルフシャドウ・エフェクトを含むアクセサリ全般全て登録できます。そして登録しないと保存されません。
要するにモデルさんにポーズ取らせたぜ!イエーイ!→登録しないで次のフレームに移動→全部消えるタヒにたい。こういう事になるわけです。
同じように登録しないでpmmを保存しても消えます。とにかくこうだな!って決めたらキーフレーム登録しましょう。

また、キーフレームの選択はドラッグでびろーんとやったり、ぽちぽち一個ずつ選んだり、縦選択ボタン下のテキストボックスに○○~○○(フレーム数)を指定して範囲選択を押して選択したりできます。
shift押しながらだと、どんどん重ねて選択できます。

あ、拡大縮小ボタンは選択したキーフレームの動きを拡大縮小出来るよってことです。動きの大きさではなく、動きにかかる時間の話。DLしてきた歩きモーションとかを早足にしたりゆっくりにしたりする時に便利。


■補間曲線
a2.jpg

MMD画面の左下にあるこれです。
キーフレーム毎に設定する事が出来ます。上の画像は全部纏めて表示されちゃってるのでなんか凄い事になってます。

a3_20130304162827.jpg

初期状態はこんな感じ。
さらっと説明すると赤い×印を動かして設定します。設定は回転・X/Y/Z軸移動、カメラはプラス視野角と距離、別々に出来ます。プルダウンメニューからすべてを選べば一括で指定も可。
また、表情とアクセサリの補完曲線は設定できません。

何の効果があるかって言うと、二つのキーフレーム間での動きの量をどう割り振るか指定できるという。

◇      ◇
       ↑※補間曲線を設定
└──────┘
   └※で設定した補間曲線の中身が反映される
こういう感じ。

気になる人は「補間曲線 MMD」でググれば詳しい解説が出てきます。


■Aviスクリーン
ステージのReadmeとかに時々Aviスクリーン積んでますとか見ると思います。
後、動画でテレビに別の映像が流れてたり。それの事です。

使い方はAviスクリーンがあるステージなりなんなりを用意。2G以内の映したいaviファイルを用意。(2G以上は対応してないようです。詳しい解説はVPVPwikiのFAQ、音声・動画の項に)
MMDの背景

背景AVIファイル読み込みから読み込み(この時点で読み込めていれば背景に出てきます)

ON・モード3(背景AVI)にチェック 
でAviスクリーンに表示されます。背景に映った動画が邪魔であれば背景AVI表示のチェックを外しましょう。


■MME割り当てタブ
MME導入後、右上にMMEffectと表示されていると思います。
そこからエフェクト割り当てを選ぶと出てきます。

a4.jpg

こういう感じ。今そぼろさんのObjectLuminousが読み込まれてますね。モデルさんやステージ、その他アクセサリやエフェクトを読み込むとダーッっと名前が下に表示されていきます。
また、エフェクト毎にこのタブが増えたり増えなかったり。増えるときは画像のようにエフェクトの名前(頭文字だけとったりしてる場合も)と○○(これライトだよとかこれ影だよとかそういう感じの)で増えてるはずです。エフェクトによっては増えるタブが一つじゃない事もあります注意。
エフェクトのReadmeでエフェクト割り当てタブから~とかあったらここ。


■保存について
MMDのファイル→名前を付けて保存で保存されるのはpmmファイルです。
これは何を読み込んでるかとかキーフレームとかその辺一括で保存されます。逆にモデルのボーンが一個増えたりするだけで読み込めなくなります注意。
アクセサリなんかはなくなっちゃったりしても代替を指定する事ができたり。

ちなみにエフェクトのキーフレームはpmmで保存されますが、上で説明したMME割り当てタブから指定した事は保存されません。これを保存するにはMME割り当てタブのファイルから設定を保存です。
emmと言うファイルが出来て保存されます。読み込むときもここから。

エフェクト割り当てタブからの保存ですが、設定を保存の下にモデル単位で設定保存もあります(emdファイル)。これはその時タブで選択されているモデルさんの設定を保存してくれます。シェーダーなんかを材質ごとに分けて設定した時に便利です。違う動画で同じ設定がすぐ出来るという。他のシェーダーに変えたい時も一々どう分けてたっけ…ってならないですしね。

ポーズの保存は現在のフレームで選択しているボーン(キーフレーム横のボーン表示で赤くなっているボーン)のポーズを保存できます。(vpdファイル)表情は保存されません。

モーションの保存は選択しているキーフレーム全てを保存します。(表示・非表示やIKのオンオフはされない模様)つまり足だけのモーションや腕だけのモーションを保存する事も可。

この辺の詳しい事もVPVPwikiにあります。もっと細かく知りたい方はそちらへ。


■配布モーションの修正
するとしないとでは受ける印象の全く違う修正。MMDにはフレーム編集の所に修正に便利な機能がたくさんあります。注意点としては恩恵を受けるためには適用させたいキーフレームを全て選択しておく必要があります。

・カメラ距離バイアス付加/視野角バイアス付加
カメラの修正に使える機能。名前の通り、距離か視野角を増やしたり減らしたりできます。
高さは一括で指定できないので、私の周りは配布されているカメラを使いたい時はこの機能使うよりPMDeでモデルさんの大きさを動画に使われていたモデルに合わせる事の方が多いようです。
アップ時の視野角とか変わっちゃうと映り方変わりますからね。

・フレーム位置角度補正
ボーンの位置角度を一括修正できます。明らかに腕のZ軸が埋まってるわーなんて時や目の大きさが違うから全部白目剥いちゃう、なんて時に便利です。
各軸ごとに倍率を指定できます。

・表情大きさ補正
配布されてる表情モーフが自分の使いたいモデルさんだと動かし過ぎてて顔面崩壊する…!とかリップもうチョイさりげなくしたいとかの時に便利。


修正について我流ですがちょろっと補足

腕めり込んでるから修正したいなー、とかでそのキーフレームを打ちなおす時。またはカメラ修正する時。修正したい部分のキーフレームに補間曲線が設定されている事があります。
そんなときはまず打ちなおす前に「自動設定」のチェックを外して同じフレーム上に打ちなおし。これで行けるみたいですね。勘違いしてましたすみません。
これで補完曲線もそのままで修正できます。
モーションの場合大きな打ちなおしはあまりないと思いますが、カメラは盛大に変える事があると思うのでその際はこれだとダメな事も。そんなときはカメラキーフレームを全選択して補間曲線の全体的なかかり具合を見ながらそれっぽく調節するとなじむと思います。

また、モーション修正もっと楽にしたい、そしてPMDeが使えるって方は多段化するのもあり。
【ニコニコ動画】【MMD】すーぱー☆あふぇくしょん
こちらとか(私はこちらをお借りしてます)、VPVPwikiのPMDエディタ→PMDエディタ用プラグインからボーン多段化系のプラグインを落としてくれば一発で増やせます。

ボーン増やしたモデルさんに配布モーションを読み込んで、使われていない多段化されたボーンに修正のキーフレームを割り当てると補間曲線とか気にせず直せます。やり直しも元モーションはずっと残ってるのでやりやすいかと。

--------------------------------------------
修正時の補間曲線について拍手頂いたので追記。

>>修正の補間曲線は、コピペでなくとも「自動設定」のチェック外すだけでも行けるんじゃないかと思うのですが、これだと駄目だったりするんでしょうか。

私の理解・確認不足でした。上記訂正しておきました。度々ありがとうございます!
--------------------------------------------


■エフェクト色々
エフェクト使うと画面凄く華やかになったり、質感上がったり、いろんな演出が出来たり。でも躓くことも多いと思います。てわけで個人的に思ってる注意点とか。

・エフェクトは一個一個読み込んで設定する。
一気に読みこんだら変な物が表示されたりした時にわかりづらいです。一個一個読み込んで、一つ一つ設定していくといいと思います。変な影とかでてきたらそのつど解消して保存。
ググっても考えてもどうしようもない時でも誰のどのエフェクトかわからない状態だと質問もできませんし、答える方も答えられません。

・Readmeの順番通りにやってもできない
Readmeに○○が指定できますとかないですか?
指定できる出来ないというだけじゃなく、そもそもそこに他エフェクトを入れないと何か表示がおかしかったり。とりあえず「へぇできるんだー」で終わらせてしまった所に言われたエフェクト適用してみてください。案外それでどうにかなったり。


・症状とエフェクト名でググる
備忘録としてまとめて下さってる方が居る事も。


最終的に誰かに頼りたい!ってなった時はなるべく詳しい状況を添えて質問しましょう。


とりあえずこの位…?
ピックアップすると良いかなぁと思ったところだけ纏めてみました。

質問等はこの記事の拍手なりコメントなり、はたまたツイッターへ。
リアルタイムに答えられるのはツイッターです、たぶん。
スポンサーサイト

| 解説 | 18:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。